【日本人が間違いやすい英語】「マンション」を英語で”mansion”と言っていませんか?

異文化

マンションに住んでいる人が英会話の中で、「私はマンションに住んでいます。(I live in a mansion.)」と英語で言ってしまう時があります。

でも、「マンション」って実は・・・・・・・・・和製英語なんです。

“mansion”という単語もあるのですが、私たちがイメージする「マンション」とは意味がだいぶ違っています。

今回は、「マンション」と”mansion”の違いについて解説します。

英語と日本語のマンションとアパートの考え方

日本語では、一戸建て・マンション・アパートに大きく分かれますよね。

でも、英語ではマンションとアパートの区別はなく、どちらも”apartment”または”condominium”と言います。

“apartment””condominium”の違い

“apartment”が賃貸のマンションやアパートのことを表します。

“condominium”は、”condo”と略すことが多く、日本語で分譲マンションのことを意味します。

“mansion”の意味

では、“mansion”の意味は何かと言うと、「豪邸」・「大邸宅」です。

ここで、Googleの画像検索で”mansion”と入れて検索した結果を見てみましょう。

この写真を一目見て分かっていただけたと思いますが、英語で”mansion”と言ってしまうと、億万長者が住むような、ものすごい豪邸という意味になってしまいます…!

日本語でイメージするマンションとは大違いですよね。汗

本当に豪邸に住まれている人は、そのまま”mansion”と言っても大丈夫ですが、一般的な日本人のイメージするマンションに住んでいる人は、海外の人にはとても驚かれてしまうので、”apartment”または”condo”と言うようにしましょう!

 



英語学習って、ネット上にはたくさんありすぎて、結局どれがいいのか分からない!となっていませんか?

自分にピッタリな英語勉強法が分からない!とお悩みのあなたに、あなた専用のおすすめ勉強法をアドバイスしています。

私自身もブログで様々な勉強法をご紹介しているのですが、勉強法一つ一つには、その人の目的やレベルによって、合う・合わないがあります。

一人一人に向き合ってアドバイスができたらいいのに…!と、実はもどかしい思いをしていますので、是非じっくりヒアリングさせていただき、あなた専用のアドバイスができたら、と思っています。

ご相談、お待ちしております!

コメント