今日から使える!会議で使える英語表現のまとめ

ビジネス英語

グローバル化が進んでいる近年、外国人と英語で毎週テレビ会議することになったり、急遽外国人と会議しなければならなくなったりと、ビジネスで英語を使わざるを得ない場面が、増えてきている人も多いのではないでしょうか。

私自身も、外国人と定例会があったり、他プロジェクトでも英語の関係で急遽英語のミーティングに参加したりします。

そこで今回は、私が使っている会議で使える英語と、英語ネイティブのお客様が喋る英語をご紹介します!

1. 自己紹介 -Introduce Yourself-

「私はABC社の田中と申します。営業です。宜しくお願い致します。」

➡Hello, my name is Tanaka from ABC, and I’m in charge of sales. It’s pleasure to meet you.

➡Hi, I’m Tanaka from ABC, and I’m a sales. Nice to meet you.

💡”Hello”と”Hi”だと、”Hello”の方がフォーマル!

💡”My name”と”I am”だと、”My name”の方がフォーマル!
「鈴木をご紹介させていただきます。彼はxxです。」

➡I’d like to introduce Suzuki and he is a project manager.

「鈴木に会うのは初めてだと思います。彼は私のマネージャーです。」

➡I don’t think you’ve met Suzuki. He is my manager.

💡つい”I want to..”と言いたくなると思いますが、ビジネスでは”I’d like to..”の方が丁寧な表現になります。(”I want to” はダイレクトな表現)

 

会社紹介もしたい時は、下記の記事も参考にしてみてください。

英語で自分の会社紹介をしてみよう!
こんにちは、ペコです。海外の友人との会話の中や、海外のお客様に呼ばれたパーティーに参加した時など、自分の会社について英語で紹介したり、相手の仕事について聞くこともあるのではないでしょうか。今回は、海外の人に自分の会社を説明する・相手に質問することができるように、英語表現をご紹介します!

2. 会議を始める -Opening the Meeting-

「それでは、会議を始めましょう。」

➡Let’s get started the meeting.

「会議を始めましょうか?」

➡Shall we start the meeting?

3. 会議の議題・趣旨を述べる-Stating the Principal Objectives

「本日は、プロジェクトの概要をご説明させていただきたく、お集まりいただきました。」

We’re here today to explain outline of the project.

<その他表現>

・Our aim is to………….

・By the end of the meeting, I’d like to have………..

・I’ve called this meeting in order to……………….

4. アジェンダの説明 -Explain the Agenda of the Meeting-

「(スライドを見せている想定)本日のアジェンダは、下記の通りになります。最初に、本プロジェクトの概要説明からはじめまして、次に、プロジェクトのスケジュールを共有いたします。最後tに、アクションプランを決めたいと思います。」

➡The agenda for this meeting is the following:

First, I’d like to explain the project’s outline and then, I will share the project schedule.

Finally, we will decide the action plan.

5. 次の議題に進む -Move onto the Next Item-

「次の議題に進みましょう。」

➡Let’s move onto the next item.

「次の議題は・・・・です。」

➡The next item on the agenda is……….

6. 担当者に話を振る -Hand Over an Item-

「佐々木から、サポート計画をご提案させていただきます。」

➡I’d like to hand over to Sasaki, who is going to propose the support plan.

💡”hand over to..”で、「..に(話を)渡す」という意味になります。

7. 質問をする・促す -Ask a Question-

「質問はありますか?」

Do you have any questions?

「質問があります。」

I have a question.

➡Can I ask you a question?

「もう一度言っていただけますか?」

Could you please repeat yourself?

➡Could you please say that again?

「分からないのですが、・・・・という意味でしょうか?」

I’m not sure I understand.. Do you mean…?

「予算はいくらですか?」

➡What is your budget?

8. ポイントをまとめる -Summarize the Points-

「ミーティングを終える前に、ポイントを確認させてください。」

➡Before we close/leave, let me just summarize the main points.

<その他表現>

・To sum up…

・In brief….

・Shall I go over the main points?

9. 会議の終わり -Closing the Meeting-

「他に何かございますか?」

➡Do you have anything else?

「特にありません。」

➡I don’t have anything.

➡Nothing for me.

「ご参加ありがとうございました。」

➡Thank you for your participation.

「会議を終える前に、次回の打ち合わせを決めておきたいです。来週の火曜日はいかがでしょうか?」

➡Before we leave, I’d like to fix the next meeting. What about next Tuesday?

💡”fix the next meeting”で「次回打ち合わせの調整をする」になります。

 

次回打ち合わせの調整に関する英語表現もまとめています。☟

【ビジネス英語】打合せの日程調整に関する英語表現まとめ!
ビジネスの場面では、海外のお客様との打合せのためにアポ取りをしなくてはいけない!予定されている海外のお客様との打ち合わせをキャンセル&リスケしたい…!などの状況に直面することがあると思います。今回は、そんな方へ向けてアポイントメントに関する表現をまとめました。

コメント