「お世話になっております」や「お疲れ様です」って、英語で何て言うの?

ビジネス英語

日本でのビジネスでは、メールの冒頭でお客様に対して「お世話になっております」と言ったり、社内メールでは「お疲れ様です」と言ったりしますよね。

また、別れ際にも「お疲れさまでした」と言いますし、日本の社会人にとっては良く使う言葉の一つだと思います。

では、英語では何て言うのでしょうか?

結論から申し上げると、実は英語で「お世話になっております」や「お疲れ様です」という表現は、残念ながらありません。

ですが、その代わりに言える表現があります!

そこで今回は、英語に「お世話になっております」や「お疲れ様です」という表現がない理由とその代わりに使える表現をご紹介したいと思います。

 

英語に「お世話になっております」や「お疲れ様です」の表現がない理由

最初にみなさんに質問です!

「お世話になっております」や「お疲れ様です」って何となくよく使っていますが、その言葉によって何を伝えたいのでしょうか?

・・・・・・・・

この場面で使うべきだというルールに従って、なんとなく使っていませんか?

日本語では、それがマナーですし、使うべき言葉なのですが、英語には日本語のような「なんとなく」の表現はないのです。

英語は、様々なバックグラウンドを持った人たちから使われている言語なので、明確な表現で伝えなければ、伝わりません。

英語を話す上で意識するポイントは、伝えたい「意図」や「ポイント」は何なのか?という事なのです。

したがって、「お世話になっております」や「お疲れ様です」というのは、日本語の文化で、英語にはこの言葉に対応する直接的な表現はないのです。

代わりに使える英語表現

「お世話になっております」で本当に伝えたい事をよく考えてみると、「いつもこちらの様々な要求にお応え下さり、ありがとうございます。」だったり、「この前はありがとうございます。」だったり、「いつもご注文下さり、ありがとうございます。」などなど、ではありませんか?

帰り際の挨拶としての「お疲れ様です」で考えてみると、本当は、ただ「さよなら」だとか、「後はゆっくり休んでね」だとか、そんな感じでしょうか?

こんな感じで、あなたが相手に何を伝えたいか?を考えて、伝えたい言葉を伝えるようにすればOKです。

 

とは言うものの、英語のメールでは基本的に、毎回「お世話になっております」や「お疲れ様です」は無理して言わなくて大丈夫です。

最初の「Dear 〇〇」や「Hello 〇〇」の後に、いきなり本題に入っても全く問題ありませんし、そのような人も実際に多いです。

でもやっぱり何か言いたい!という時は、具体的にどのような表現を使ったらいいのか?をシチュエーション別にご紹介します!

Face to Faceで別れ際に「お疲れさまです」と言う代わりに使える英語

英語圏では、「お疲れ様」という表現がないため、仕事終わりの帰宅時には、ただ ‘Bye’ (さようなら)、 ‘Goodbye’ (さようなら)、 ‘See you tomorrow’ (また明日会いましょう)と言うだけでも大丈夫です。

それに付け加えて何か言うとしたら、一番自然な英語表現は、‘Have a good evening.’ です。

直訳すると、「良い夕方を。」になり、日本語ではなんだか変な感じがするかもしれません。

でも、英語では例えば、お店などで去り際に店員さんが ‘Have a good day.’ (よい一日を)とよくビジネスの場面以外でも使える自然な表現になります。

この表現は、目上の人にも、部下にもすべての人に対して使える便利な表現です。

 

また、あなたが上司の立場で、部下に「今日もよく頑張ったね、お疲れ様!」といったニュアンスの言葉をかけたい場合は、下記の表現を使うと良いでしょう。

  • You’ve done great work today. (今日はよかったよ!)
  • You did (made) it! (よくやったね!)
  • Nice work today! (今日は頑張ったね!)
  • Thanks for your hard work today. (今日は頑張ってくれてありがとう!)

メールで「お世話になっております」の代わりにシンプルに挨拶をしよう

例えば、お客様とのFace to Faceでの打合せ後に、議事録を送る時は、下記のようなメールで十分です。

日本人も同じだと思いますが、外国人は特に早くメールのポイントを知りたいと考えています。

なので、日本語のように長いメールを書くのは避けるようにしましょう。

メール例

Dear Jon,

 

Thank you for your time to have a meeting today.

Please find attached the meeting minutes.

 

Sincerely,

〇〇

・・・こんな感じで、’Thank you for your time to have a meeting today.’とシンプルに言うだけでOKです!

 

他には・・・

  • How are you? (お元気ですか?)
  • Good morning. / Good afternoon. (おはようございます。/こんにちは。)
  • I hope you’re doing well. (お元気にされていたらいいなと思います。)
  • Thank you for your help. (ご支援下さり、ありがとうございます。)
  • It’s great to hear from you. (ご連絡をいただけて光栄です。)
  • Thanks for the quick response. (迅速なご返信ありがとうございます。)
  • Thank you for the update, (状況を共有下さり、ありがとうございます。)

メールで見積や提出資料などのフォローをする時に使える冒頭の挨拶は?

  • As we discussed on the last meeting………… (前回の打合せで話した事について…)
  • To follow up on our meeting…………… (先日の打合せでの…をフォローさせていただきたく(例:ご連絡差し上げました。))
  • As promised, I’m………. (約束した通り、…(例:を添付しております等))
  • Can you provide me with an update on…….. (…について状況いかがでしょうか?)

おわりに

日本語では冒頭のメールの挨拶は「お世話になっております」や「お疲れ様です」のようにほぼ2種類に分かれます。(「いつもお世話になっております」等、言い回しの異なりは若干ありますが)

別れ際の挨拶も日本語では「お疲れ様です」のほぼ一択ですよね。

しかし、今回ご紹介したように、英語では色々な別れ際の挨拶やメールでの挨拶の仕方があります。

あなたも、英語のビジネスメールや別れ際に挨拶をする時は、今回紹介した文章だけでなく、あなたオリジナルの挨拶を考えてみましょう!


英語学習って、ネット上にはたくさんありすぎて、結局どれがいいのか分からない!となっていませんか?

自分にピッタリな英語勉強法が分からない!とお悩みのあなたに、あなた専用のおすすめ勉強法をアドバイスしています。

私自身もブログで様々な勉強法をご紹介しているのですが、勉強法一つ一つには、その人の目的やレベルによって、合う・合わないがあります。

一人一人に向き合ってアドバイスができたらいいのに…!と、実はもどかしい思いをしていますので、是非じっくりヒアリングさせていただき、あなた専用のアドバイスができたら、と思っています。

ご相談、お待ちしております!

コメント