留学仲間3人で留学の理由を語って分かった目的を持つ事の重要性

留学

留学する人たちって、何で留学するの?って疑問に思う人、何となく留学したいんだけど、何で留学したいん?と言われると、パッと出てこないなーって思っている人・・・。

 

もしもあなたが後者の場合、そのモヤモヤは絶対に留学前までにハッキリさせる事をオススメします!

 

なぜなら、理由=目的だからです!

 

目的がある、だから、留学する。

目的があるのとないのとでは、全く留学の成果が変わってきますよー。

 

この記事を読み始めてくれているみなさんは、すでに「留学 理由」などのキーワードで検索されているくらい、理由を見つけようと真剣になっている証拠です。

本記事が、みなさんの留学の理由探しのお役に立てれば幸いです!

留学仲間の二人と私が留学を決めた理由

では、早速留学仲間2人(太郎、花子)と私、ペコの3人の留学の留学について語っちゃいます!

 

太郎の話

俺は小3から英語教室に通ってたから、英語が元々身近だったんだけど、高校生の時にニュージーランドに短期でおばあちゃん一人の家にホームステイしに行ったら、全然英語が喋れなくて、コミュニケーション取れんくて..もっと喋れるようになりたい、大学では交換留学しようって強く思ったことがきっかけかな。

で、なんでUNCGにしたかと言うと、大学で黒人の音楽(黒人差別とかをラップで歌ったりする曲)にハマったから、African Americanの事が学べるUNCGで、黒人文化について学ぼうって決めてん。

 

 

花子: 太郎は英語喋れるようになるっていう目的があったから、うちらの中で一番友達できてたんじゃないかなー。

 

 

花子の話

私が一番最初に英語が好きになったのは、ディズニーチャンネルのハンナモンタナがきっかけで、大好きなドラマの内容を字幕とかに頼らず自力で理解できるようになりたいなって思ったの。

そこから英語が大好きになって、大学でも英語専攻に入学して。この学部に入ったからには、卒業までに絶対ペラペラになりたい!と思って、そのためには英語話さないとやっていけない環境に身を置かないけんなって考えたからかな。

で、学校を選んだ基準は、ゼミでAfrican Americanのことを卒論で書きたいなと思ったから、太郎と同じくこの学校でならそのテーマで学ぶ環境が整ってると思って決めた!

 

 

ペコ:花子は、最初から発音が綺麗でペラペラ喋れてて!しかも、後期はライティングを完璧にするって言って積極的にライティングセンターに行って英語を鍛えてたよね!

 

 

ペコの話

中学生の時、アメリカは個性を大事にする国だってテレビか何かで知って、和を大事にする日本とは全然違うなって興味を持ったこと!

教育に関しても、日本は暗記物が中心なのに対して、アメリカはディスカッションが中心だって知ったから、イノベーションが起こり続けてる今の時代は、暗記に加えてディスカッションを通して新しいモノを創り出す事が大事なんじゃないかなって思ってたの。

だから、社会人になる前にオープンな環境に身を置いて、自分の殻が破って意見を言える人に絶対になっときたいな、って思ったからかな!

 

 

太郎: うん、ペコは本当に留学初期から比べてポジティブでアクティブになったよねー!

 

 

留学の理由を見つける方法は?

冒頭でも、留学するなら理由を自分で見つけておくべき!と言いましたが、それはなぜでしょうか?

それは!理由や目的がはっきりしていると、そのためにどう行動すればよいか?と自分に問いかけ、実際に目的を達成するために、行動に移すことができるからです。

交換留学などに行くためには、面接や志望理由書などを書かなければいけないと思います。

留学の理由に、正解・不正解はないのですが、その設定理由は、 達成するための具体的なプランを説明できるか?ということと、その設定理由を達成すると、 将来何に活かせると思うか?まで説明できるような内容だと、試験管の人も「あぁ、この人なら現地でも頑張ってやっていけそうだ」と思ってくれるはずです。

きっと面接官の方々も、せっかく与える留学の機会を無駄にしてほしくはないと思いますし、なんとなく留学した人は、やはりなんとなく時間が過ぎて帰国、と言うことに実際になってしまいます。。

やはり、現地でもへこたれずにうまくやっていける人に行ってほしいはずですし、それは試験管のためではなく、何よりも自分のためになります!

おわりに

まとめると、太郎の留学理由は、「絶対英語でコミュニケーションが取れるようになりたい!」

花子の理由は、「綺麗な英語をペラペラ喋れるようになりたい!」

ペコの理由は、「自分の殻を破りたい!」

、、、という理由がそれぞれありました。

このそれぞれの理由があったからこそ、結果として一番友人ができた太郎、一番英語力が高くなった花子(その後外国人と付き合うことにも大成功◎笑)、内気な自分を留学中に痛めつけ、今では会社でプレゼン担当になっているペコ!と、各々で大きな成果を出すことができました。

留学決まっている/考えているあなたにも、是非留学前に「何のために自分は留学するんだろう?」ということを考え続けて、留学生活を謳歌して下さい!

コメント